ダイコク電機4-6月期(1Q)決算は減収減益、販売好調も前年には届かず

ダイコク電機4-6月期(1Q)決算は減収減益、販売好調も前年には届かず


ダイコク電機株式会社は8/7に平成28年3月期第1四半期決算を公開しました。

スポンサーリンク

1Qは売上高115億9500万円(前年同月比△10.2%)、営業利益6億900万円(前年同月比△59.2%)、経常利益6億6,200万円(前年同月比△56.9%)

CRユニット「VEGASIA」が引き続き高い評価を受けて多くのパチンコホールに導入。情報公開機器「BiGMO PREMIUM」や呼び出しランプ「IL-X2」、表示ユニット(モーターやスイッチ等の周辺部品含む)の販売も堅調に推移したが前年同期には及ばず。また、次世代製品開発への積極投資による研究開発費が増加していると発表した。

スポンサーリンク

オープン日情報を受け取ろう!