ゲンダイエージェンシーが通期業績予想を下方修正。営業利益は予想18%減

ゲンダイエージェンシーが通期業績予想を下方修正。営業利益は予想18%減


ゲンダイエージェンシー株式会社は今年4月に公表した通期業績予想(H.27/4/1~H.28/3/31)を下方修正しました。

スポンサーリンク

発表によると、修正額は売上高160億円(前回予想比4.2%減)、営業利益10億円(前回予想比18.0%減)、経常利益10億円(前回予想比18.0%減)

パチンコホールの収益性が悪化する中、コスト意識が高まり広告需要の落ち込みが想定以上だったことや、新規出店告知などの特需案件も減少し、案件当たりの予算減少も要因とのこと。

“新規出店においても、用地取得からスタートする大規模な案件は減少し、既存ホールを居抜き取得し、改装オープンするなどの小型案件は増えているものの、全体としては新規出店件数は減少の傾向”

本当にその通りですね。かつてのグランドオープンは、本当にお祭りで、心が躍るようなワクワク感が詰まっていましたが、最近はホール企業も先を見据えているというか、堅実さを感じます。

ゲンダイエージェンシー株式会社の2016年3月度第一四半期(4-6月)決算が公開されました。

第一四半期(4-6月)決算時に説明していた、主力の広告事業において収益構造の転換での底上げ。第2四半期決算説明資料に記載されている広告事業の品目別売上高を見ると、まだ数字には表れていないですね。もう少し時間がかかることを見越しての下方修正でしょうか。

インターネットメディアや屋外広告の積極的な拡販活動、異業種へのプリンティング、デザイン受託業務などがそれにあたるとのことですが、何となくインターネットメディアが気になった(のと調べやすかった)ので探してみたところ…

パチ7というサイト発見。すごく色んな配慮を感じるサイトでさすが上場企業が運営するサイトだと感心。しかしゲンダイエージェンシーが運営しています感はあまり出してないですね。勉強不足でいつオープンしたサイトなのか分かりませんが、コピーライトが2014年なので、去年でしょうか。ん、編集部って書いてある白マスク、何となく見覚えあります!

サイトの作りやコンテンツ、アプリまでもあって結構お金かかってそう。HPで運営メディアは公開されていませんが、実は意外とたくさんあるのかもしれませんね。

以上、サミー、藤商事に続き、ゲンダイエージェンシー。

スポンサーリンク

オープン日情報を受け取ろう!