セガサミーホールディングス4-6月期(1Q)決算は減収減益

セガサミーホールディングス4-6月期(1Q)決算は減収減益


セガサミーホールディングス株式会社は8/3に2016年3月期第1四半期決算を公開しました。

スポンサーリンク

1Qは売上529億(前年同月比41%減)、営業利益△94億の減収減益。遊技機事業については、パチスロ新タイトルの投入がなかったこと、パチンコは「ぱちんこCR聖戦士ダンバイン」、「デジ ハネCR化物語」「CRガメラ」など複数タイトルを投入したものの、販売台数が減少したため(販売台数は順に8,564台、5,230台、4,176台。なお、CRガメラはタイヨーエレック社より)前年同期比で減収、損失計上している。

2Qはパチンコ7タイトル、パチスロ5タイトルの計275,000台を販売予定。特にパチスロは主力タイトル「パチスロ北斗の拳 強敵」を9月に控えていることもあり、販売台数165,000台、売上613億を計画している。

スポンサーリンク

オープン日情報を受け取ろう!