セガサミーHD半期業績予想を下方修正。通期経常は53.6%減

セガサミーHD半期業績予想を下方修正。通期経常は53.6%減


セガサミーHDが特別損失の発生および業績予想の修正に関するお知らせを公表しました。

スポンサーリンク

セガサミーHDは5月に公表した業績予想(H.27/4/1~H.27/9/30)を修正し、売上高1,560億円(前回予想から22.0%減)、営業利益60億円(前回予想から57.1%減)、経常利益65億円(前回予想から53.6%減)と大幅に下方修正しました。

2Qに「パチスロ北斗の拳 強敵」などの主力タイトルが控えていたこともあり、パチスロ販売台数165,000台と予想していましたが実績は約70,000台。パチンコは110,000台の予想に対し、約79,000台の実績。

1Q(4~6月)にパチスロのリリースが無かったこともあり、2Q(7~9月)は必達目標。サミー=北斗と言えるくらい超主力タイトルなので「パチスロ北斗の拳 強敵」を10万台以上は販売する計画だったのでしょうが、恐らく計画には達さないこともあり修正したのでしょう。

3Q(10~12月)には「パチスロ 鬼武者 3 時空天翔」「パチスロ龍が如くOF THE END」「ぱちんこCR北斗の拳6 天翔百裂」がリリース予定とのことですが、肝の「パチスロ北斗の拳 強敵」が計画を下回れば、通期業績予想は変更されていませんが厳しさを覚えます。

セガサミーホールディングス株式会社は8/3に2016年3月期第1四半期決算を公開しました。

スポンサーリンク

オープン日情報を受け取ろう!