セガサミーHD半期業績は下方修正から微減

セガサミーHD半期業績は下方修正から微減


セガサミーHDが半期業績実績(H.27/4/1~H.27/9/30)を発表しました。

スポンサーリンク

9/30に公表された下方修正から更に微減し、売上高1,543億200万円(前回予想から1.1%減)、営業利益57億4,400万円(前回予想から4.3%減)、経常利益58億6,700万円(前回予想から9.7%減)という実績。

前回発表予想から大幅な差異はないものの、法人税などの負担が想定よりも増加した結果とのこと。

別の補足資料に詳細情報が記載されていますが、「パチスロ北斗の拳 強敵」の販売台数は6.9万台と、7万台に届かなかったみたいです。

今のところ、市場評価が高いとも言えないため増台傾向もありませんが、個人的にはサミーだけにあらず、来年初旬も同じ様にパチスロ新内規機種の低調が続くと思うし、ヒット機種が出そうにもないので、そうなった時こそ、サミーがプライドと巨額、多くのリソースをかけて開発した「パチスロ北斗の拳 強敵」の使い道というか、活用方法をホールが問われるのかもと思います。

何はともあれ、主力の販売が不調だと、通期も厳しさが増しますね。

セガサミーHDが特別損失の発生および業績予想の修正に関するお知らせを公表しました。

スポンサーリンク

オープン日情報を受け取ろう!