【閉店/神奈川県小田原市】ニューライト中里店

【閉店/神奈川県小田原市】ニューライト中里店


ニューライト中里店(神奈川県小田原市中里288)が閉店するようです。

スポンサーリンク

運営しているのは450年の歴史を持つ老舗かまぼこ店・美濃屋吉兵衛商店です。なんでも、戦国時代に浅井吉兵衛という人がこの地にやって来て、武士から商人として生業を始めたのが始まりとのこと。パチンコ店はニューライトという屋号で2店舗を小田原と南足柄に運営しており、今回は小田原の店舗を閉店される模様です。

美濃屋吉兵衛商店は今年1月に民事再生法の適用を申請していますので、これらの流れもあったのではと推測していますが、

業歴450年以上の老舗でイカの糀入り塩辛の元祖(株)美濃屋吉兵衛商店が民事再生法申請(Yahoo!ニュース 15/1/29)

 (株)美濃屋吉兵衛商店(TSR企業コード:360029221、小田原市成田944-6、登記上:同市栄町1-2-11、設立昭和23年1月、資本金3550万円、鈴木吉兵衛社長、従業員30名)は1月28日、横浜地裁小田原支部に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は米山安則弁護士(関内駅前法律事務所、横浜市中区尾上町2-27、電話045-640-0675)。 負債総額は約30億円(平成26年3月期決算時点)。

引用 – Yahoo!ニュース

3月には民事再生取り下げを発表しています。

美濃屋吉兵衛民事再生法申請取り下げ 客足増加し売上げ好調(タウンニュース 15/3/21)

 練り物や漬物などの製造販売を行う(株)美濃屋吉兵衛商店(本社市内成田・鈴木吉兵衛社長)が3月9日、横浜地裁小田原支部へ出していた民事再生法適用の申請を取り下げた。今後は裁判所を介さず、事業を続けながら経営再建を目指す。

(中略)

 一方、再生法適用申請の報道後、同社の売上げは好調。前年比約1割増で、23年前の開店当初から錦通り店の運営に携わる同社員の村山恵さんは、「お客様の数が格段に増えた。皆さんから『がんばって』という声を多くかけて頂いたことで、不安な時期を乗り越えることができた」と感謝の気持ちを口にした。

引用 – タウンニュース

個人的な推測では、今後パチンコ事業を拡大することは無いと思いますが、非常に歴史ある企業ですので、ぜひ再建を果たしてほしいです。

スポンサーリンク

オープン日情報を受け取ろう!