オータグループが上海にパチンコ店「太田遊戯体験中心」をオープン

オータグループが上海にパチンコ店「太田遊戯体験中心」をオープン


パチンコチェーンのオータグループが上海にパチンコ店「太田遊戯体験中心」をオープンしました。

スポンサーリンク

海外へのパチンコ店出店事例は続く

ホール企業のオータグループ(太田秀吉会長)が、去る7月6日、中国・上海に同社第1号店となるパチンコホール「太田遊戯体験中心」をオープン。同社の公式サイトで発表した。
中国上海のビジネス情報を配信するサイト「漫步创媒Whenever上海」によると、設置台数は310台。「北斗の拳」「リング」といった日本でも人気の高いパチンコ機が導入されており、遊技で得たポイントは、家電などの賞品に交換可能となっている。
現在同店では、100元以上のチャージで100元分のポイントが無料でもらえる(8月14日まで)オープン記念イベントを開催中だ。

引用 – 遊技日本

最近だと三井企画の「MEKONG GAMES」、少し前だとベラジオグァム、もっと前だといろいろありますが、これからこういう動きが加速していくの?

ベトナムのカントーに「MEKONG GAMES」というパチンコ店が7月12日の現地時間午前10時にグランドオープンしたとのことです。(写真引用/遊技通信web)

現地メディアを確認してみると、パチンコ専門店?なんでしょうかね。お金でポイントカードを購入して遊技、遊技終了後は貯まったポイントを家電などの景品と交換する形。遊び方は日本と一緒ですね。遊技機は日本のものが置いてあるのでしょうが、ジャパニーズアニメは世界でもよく知られているので、現地の人でも馴染みあるコンテンツも多いらしいです。

中国のレビューサイト、大众点评网にユーザーが撮影した写真がアップされています。

先月末頃でしょうか、オータHPに「太田遊戯体験中心が中国にオープン」みたいなことが書いてあって、はて?と思い調べてみたのですがまだ情報が無くてよく分からなかったんですよね。それが今月になって明らかになって、そういうことか!とスッキリです。

日本でパチンコ店を出店するのとは全く異なるのでしょうが、これが増えていくのか…まだイメージ付かないんですけど。そりゃそうですね、まだ成功やチェーン化事例がありませんから!ベトナム、中国、グアムと、それぞれ異なる地ですが、各社ぜひ成功してほしいです。

スポンサーリンク

オープン日情報を受け取ろう!