プローバが島根県のJALAの4店舗を傘下に

プローバが島根県のJALAの4店舗を傘下に


広島県を中心に13店舗のパチンコ店を運営している株式会社プローバが、島根県の中央商事有限会社が運営するパチンコ店4店舗事業継承するようです。

スポンサーリンク

広島のプローバホールディングスは9月1日、新会社「プローバ島根」を設立し、島根県で店舗を経営していた中央商事のパチンコ事業を継承すると発表した。 今回同社が継承したのは島根県にある「浜JALA」「JALA北」「Z-JALA」「江JALA」の4店舗。プローバグループの経営ホールは17店舗となった。 同社では、「両社がこれまで長年培ってきたノウハウを融合させる事で、より一層、付加価値の高い新たなサービスを提供していけるよう、グループ一丸となって取り組んで参ります」とコメントしている。

引用 – 遊技通信web

JALA各店のHPで、ジャラがプローバに仲間入りしましたと公開されています。プローバはこれを足掛かりに島根攻略か?とも考えられますが、色々考えると中央商事サイドが経営に悩む中、縁があってプローバグループに仲間入りしたというような流れが自然か。

中央商事㈲は創業から半世紀と歴史ある企業で、以前はもう1店舗運営していてグループ全体で5店舗だったと思います。一方、プローバは新店予定のプローバ宇部店も含めると18店舗。

スポンサーリンク

オープン日情報を受け取ろう!