神奈川のZAPグループが横須賀市のパチンコ2店舗をグループ化

神奈川のZAPグループが横須賀市のパチンコ2店舗をグループ化


神奈川県横須賀エリアを中心にZAPを運営する株式会社恒進が京急久里浜駅西口駅前のパチンコ店2店舗をグループに。

スポンサーリンク

横須賀のZAPが15店舗体制に

該当店舗は京急久里浜駅西口駅前で並んで営業しているスロットセラヴィ(スロ専144台)とZERO-1久里浜店(パチ専231台)です。

この2店舗は有限会社ジェイエムシイが運営していましたが、3/1から株式会社恒進に運営を移して営業を続けるということです。

株式会社恒進は神奈川県南東部の三浦半島を中心にZAP屋号のパチンコ店を13店舗チェーン展開する会社。2店舗プラスで15店舗体制になります。

出店地域が集中しているため県内知名度は低いかもしれませんが、横須賀市内では一番多くのパチンコ店を運営している会社です。

小規模法人のパチンコ事業撤退は増えている傾向

別件ですが、調布駅北口にある調布会館は株式会社ユニカのグループに。ユニカは東京中心にGOLD ON(ゴードン)をチェーン展開する会社。

4年前には調布会館の向かい側でゴードン調布店を営業していました(2013年1月に閉店)が、かつてのライバル店を傘下に加わる形となりました。

調布会館を含めて12店舗(現在、ゴードン 多摩センターB館は改装中のため店休中)になります。

ザップ

スポンサーリンク

オープン日情報を受け取ろう!