株式会社三公商事がマルイ上田店をグループ化

ニューアサヒ
LINEで送る

株式会社三公商事がマルイ上田店をグループ化します。

吸収分割公示20220523

マルイ上田店は長野県内でホテルとアミューズメント事業を展開している株式会社サンティアが運営してました。

今年に入ってラッシュ岡谷店、マルイ遊々癒し館 穂高店を閉めていて、今回の閉店含めると3店舗目の撤退。残す店舗は同社最大設置店舗のマルイ伊那店(737台)、マルイ大町店(504台)、遊パークPゾーン(196台)、ラッシュ松本店(220台、スロ専)の4店舗となり、小規模店もまだある中でどこまでスリム化するのか気になるところです。

一方、マルイ上田店を取得した株式会社三公商事は長野県をメインに東京、山梨で計23店舗展開中。長野県内だけで20店舗あり、同県内で店舗数は頭一つ抜きんでてる状態。この牙城が崩れることはしばらくなさそうな感じです。

近年の出店は2017年に山梨(ニューアサヒ甲府昭和店)、去年末に長野県伊那市にあるプラザザックの跡地イーアサヒ伊那店の2店舗。不採算店と思われる店舗を閉めてますが堅実に歩みを進めている印象です。

このまま同じ規模感でグランドオープンすると同社で設置台数の大きさは3番目になります。長野県内で1店舗あたりの平均設置台数はおおよそ470台程度。全国的に大型化が進む流れの中で長野県内の設置台数700台を超える店舗物件は貴重だったりするのかもしれません。

長野県は年に1,2店舗しか出店情報が出てこないので、しっかり見守っていこうと思います。